FC2ブログ

北ワインの物語

北海道 千歳ワイナリーのブログです。

Posted by 千歳ワイナリー
  1 comments
  0 trackback

余市に行きました

余市町 登地区で醸造用ブドウを栽培している契約農家、木村 忠さんのブドウ畑に行ってきました。木村さんの畑ではピノノワールやケルナーといった醸造用品種を栽培しています。

春の芽吹きは、その年の気候や樹の状態を確かめる最初の機会になります。
今年は雪が遅くまで残っていたため、作業が遅れ忙しいのでは…と思いながらの訪問でしたが、木村さんには快く対応してもらいました。

今年の冬は気温が低く凍害の不安がありました。
例年より数日遅れではあるものの、全体的にバランスよく芽が出ているのを見て安心しました。

ピノノワールはつぼみも一芽ごとにしっかりとついていました。
花振いが無ければ今年の収穫量は十分確保できそうです。
ケルナーはピノノワールより少し遅れ気味でしたが、数多くしっかりと芽吹いていました。

毎年この時期、芽吹きの確認に来て気になった点がひとつ。
いつもなら芽吹きとタンポポの黄色い花が一緒に見れるのですが、今年は一面の綿毛で出迎えられて驚きました。
もしかしたら地表と地中の温度差が例年と違うかもしれませんね。

青木



P5284901_convert_20120604211205.jpg

スポンサーサイト

Comment

☆あ~ちゃん☆                  (道産 says... "今年も。。。"
木村さんの葡萄は「愛されてるな~」と畑に立つと
いつも感じます。
ご本人にはもちろん、葡萄をワインにする人、
そして、そのワインを楽しみにしている人。。。
全ての人に幸せを与えてくれる「葡萄」、木村さんに感謝です(^O^)/

今年もたくさんの美味しい実がなりますように☆
2012.06.05 15:03 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://chitosewinery.blog.fc2.com/tb.php/8-db2f9281