北ワインの物語

北海道 千歳ワイナリーのブログです。

Posted by 千歳ワイナリー
  1 comments
  0 trackback

一気に色づきました

ワイナリー前のハスカップがブドウでいうところのヴェレゾンを迎えています。浅緑色の葉の下で、あさひに照らされて輝くフロストネイビーの実をみているとわくわくします。実を割るとこんな感じ。まだ酸っぱくてエグ味もあります。収穫まであと少し。もうすぐ7月。まもなくすると工場ではハスカップワインの仕込みが始まります。(黒須)...


Posted by 千歳ワイナリー
  1 comments
  0 trackback

瓶熟成の長い旅

先日、北ワインケルナー辛口2011のビン詰めが全て終了しました。2011年の辛口は発酵終了から翌年3月まで酵母澱と接触させた後、澱引きと長期冷却を行いました。今回のビン詰め前処理はフィルターによるろ過のみで、火入れをせずに750ml瓶に詰めました。すでに販売開始しているハーフと違い、750mlは秋以降の販売を目指しているので熟成が少し進んだロットを多めにブレンドしました。ビン詰めが終わりパレティーナに乗り込んだワイ...


Posted by 千歳ワイナリー
  1 comments
  0 trackback

成長しました

6月18日に撮った時のハスカップ今日撮ったハスカップ一粒だけフライングをして色がついていました。ほかの実もちゃんと色づいてくれるかな。台風がまた近づいてきてるけど、実が落ちませんように。岸本...


Posted by 千歳ワイナリー
  2 comments
  0 trackback

一足早くハーフです

先週はケルナー辛口 2011ヴィンテージのビン詰め1回目が終わりました。今回は360mlのハーフサイズが中心です。千歳ワイナリーのケルナー辛口は、ビン熟成によってワインの香りが落ちついて、風味のバランスが取れてからリリースします。この時期のケルナーワインは白い花やマスカット香、メロンやバナナのようなエステル香が豊富です。食事に合わせることも考え、フワッとした軽い香りがある程度落ちつき、柑橘系の香りが出てから...


Posted by 千歳ワイナリー
  1 comments
  0 trackback

余市に行きました

余市町 登地区で醸造用ブドウを栽培している契約農家、木村 忠さんのブドウ畑に行ってきました。木村さんの畑ではピノノワールやケルナーといった醸造用品種を栽培しています。春の芽吹きは、その年の気候や樹の状態を確かめる最初の機会になります。今年は雪が遅くまで残っていたため、作業が遅れ忙しいのでは…と思いながらの訪問でしたが、木村さんには快く対応してもらいました。今年の冬は気温が低く凍害の不安がありました。...


Posted by 千歳ワイナリー
  0 comments
  0 trackback

ハスカップの実

いつの間にかハスカップの実がなっていました。写真では大きく見えるんですが、実物は1cmほどで小さくてかわいいです。6月に入ってもなかなか暖かくならず困っていますが、ハスカップの実は順調に育っているみたいです。明日は、千歳国際マラソン。選手の皆さんがんばってくださいね。岸本...